GeoExt1.1でSlider類を使う。[Chapter 6]

GeoExt1.1を使ってみる。[Chapter 6]

今回は、GeoExtのopacityとzoomsliderをpanelに追加してみます。

basemapとして表示する地図は、OpenStreetMap電子国土を使います。

セットアップと入手については、GeoExt1.1 [Chapter 1] を参考にしてください。

Vector dataは、いままで何回も登場している神奈川県の行政界データを使います。
shapfileからGeoJSONやKML、GMLに変換するには、QGISがおすすめです。これ一本あれば、ほかのGISソフトはいらないくらいです。 先人に感謝します。

opacityを使う

opacityとは透過率とでも言うのでしょうか?0%が非表示で100%が表示となるような透過を100段階で表示するものです。

GeoExtのLayer Opacity Sliderのサンプルを参考に作成します。

今回は、Panelに重ね形で作成します。

 
var mapPanel;
 
Ext.onReady(function() {
 
// 座標系の設定
var epsg4326 = new OpenLayers.Projection("EPSG:4326");
var epsg3857 = new OpenLayers.Projection("EPSG:3857");
 
var map = new OpenLayers.Map({});
 
// openstreetmapの作成
var osmlayer = new OpenLayers.Layer.OSM("OpenStreetMap")
map.addLayers([osmlayer]);
 
// 電子国土layerの作成
var webtisLayer = new webtis.Layer.BaseMap("電子国土");
map.addLayers([webtisLayer]);
map.displayProjection = epsg4326;
 
// controlの設定
map.addControl(new OpenLayers.Control.ScaleLine());
map.addControl(new OpenLayers.Control.OverviewMap());
 
// 初期表示の緯度経度
map.setCenter(new OpenLayers.LonLat(139.5, 35.5).transform(
epsg4326, epsg3857), 15);
 
var extents = new OpenLayers.Bounds(138.7, 35.06, 140, 35.73)
.transform(epsg4326, epsg3857);
 
// 神奈川県の市区町村行政界
var prefLayer = new OpenLayers.Layer.Vector("行政界", {
strategies : [new OpenLayers.Strategy.Fixed()],
protocol : new OpenLayers.Protocol.HTTP({
url : "../data/c14_region.json",
format : new OpenLayers.Format.GeoJSON()
})
});
 
var slider = {
xtype : "gx_opacityslider",
layer : prefLayer,
changeVisibility : true,
aggressive : true,
horizontal : true,
width : 120,
x : 100,
y : 230,
plugins : new GeoExt.LayerOpacitySliderTip()
};
 
mapPanel = new GeoExt.MapPanel({
title : "Map",
renderTo : "map-container",
height : 300,
width : 400,
map : map,
layers : [osmlayer, webtisLayer, prefLayer],
extent : extents,
items : [slider]
});
 
var tree = new Ext.tree.TreePanel({
width : 145,
height : 300,
renderTo : "tree",
root : new GeoExt.tree.LayerContainer({
layerStore : mapPanel.layers,
expanded : true
})
});
});

ここで、var slider = {…}; の部分でsliderを定義しています。
そして、mapPanelのitems : [slider]で追加します。
これだけです。

htmlファイルは今までのものを参考にしてもらって、
FireFoxで実行しすると、
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_geoext_06_image01.jpg

な感じです。

sliderをdragすると、透過率が%表示されます。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_geoext_06_image02.jpg

な感じで、透過率が表示されます。

ZoomSliderを使う

拡大縮小を行うZoomSliderを使ってみます。

GeoExtのZoom Sliderのサンプルを参考に作成します。

今回は、Panelに重ねる形で作成します。

var mapPanel;
 
Ext.onReady(function() {
 
var map =  {controls : [new OpenLayers.Control.Navigation()]};
 
var epsg4326 = new OpenLayers.Projection("EPSG:4326");
var epsg3857 = new OpenLayers.Projection("EPSG:3857");
 
var osmlayer = new OpenLayers.Layer.OSM("OpenStreetMap")
 
var extents = new OpenLayers.Bounds(138.7, 35.06, 140, 35.73).transform(
epsg4326, epsg3857);
 
var zoomslider = 	{
xtype : "gx_zoomslider",
vertical : true,
height : 200,
x : 10,
y : 20,
plugins : new GeoExt.ZoomSliderTip()
};
 
// create a map panel with an embedded slider
mapPanel= new GeoExt.MapPanel({
title : "Map",
renderTo : "map-container",
height : 300,
width : 400,
map : map,
layers : [osmlayer],
extent : extents,
items : [zoomslider]
});
});

ここで、var zoomslider = {…}; の部分でzoomsliderを定義しています。
そして、mapPanelのitems : [zoomslider]で追加します。
これだけです。

htmlファイルは今までのものを参考にしてもらって、
FireFoxで実行しすると、
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_geoext_06_image03.jpg

な感じです。

sliderをdragすると、tooltipsが表示されで、拡大縮小できます。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_geoext_06_image04.jpg

itemsで追加すれば良いことがわかりました。
コードを読んでいくと、objectを作成して、panelに貼り付けていくという操作が基本です。

今回のまとめ

GeoExtのLayer opacityとzoomsliderをpanelに追加してみました。

次回は、map上をクリックして緯度経度を表示するなどのevent操作にtryしてみます。

GeoExt1.1 Tutorialの目次に戻る。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.