Pythonのmatplotlibの日本語表示

Pythonのmatplotlibの日本語表示

すぐに忘れてしまうので、matplotlibで日本語を表示させる方法を書き留めておきます。
PyScripterを起動して、以下のcodeを新規作成して入力します。

#! C:¥Python27¥python.exe
# -*- coding: utf-8 -*-

import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

from matplotlib import font_manager

# 日本語fontの設定
font_path = 'C:¥¥Windows¥¥Fonts¥¥msgothic.ttc'
font_prop = font_manager.FontProperties(fname=font_path)
font_prop.set_style('normal')
font_prop.set_weight('light')
font_prop.set_size('12')

time = np.linspace(0,100,21) # create time variable

rainfall = np.random.rand(21) # generate rainfall

# bar plot
plt.bar(time,rainfall)
plt.xlabel(u'時間',fontproperties=font_prop)
plt.ylabel(u'時間降雨量', fontproperties=font_prop)
plt.savefig('F:¥¥python_in_hydrology¥¥png¥¥rain_jp.png')
plt.show()

注意)上記codeで¥は全角ですので、半角にするかもしくは、バックスラッシュに置き換えてください。

このcodeは、
matplotlib.font_managerを呼び出して、日本語fontの設定を

# 日本語fontの設定
font_path = 'C:¥¥Windows¥¥Fonts¥¥msgothic.ttc'
font_prop = font_manager.FontProperties(fname=font_path)
font_prop.set_style('normal')
font_prop.set_weight('light')
font_prop.set_size('12')

で行います。
注意)上記codeで¥は全角ですので、半角にするかもしくは、バックスラッシュに置き換えてください。

そして、日本語を表示させる場合は
plt.xlabel(u'時間',fontproperties=font_prop)
fontpropertiesを指定します。

上記codeを実行すると
f:¥python_hydrology¥png¥にrain_jp.pngが

のように出力されます。
また、windows上には、
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_python_hydrology_apdx_image01.jpg
のようにWindows上にplot図が作成されます。

システム環境自身を日本語対応にするやり方については、matplotlibで、日本語を表示させるための3ステップ設定が非常に参考になります。

Pythonで水文水理解析の目次に戻る。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.