PythonでGeocodingする。

Pythonでgeocodingする。

PythonでGooglemaps APIを使ってgeocodingする場合、googlemaps 1.0.2なるmoduleがあります。
これを使えば、簡単に geocoding や reverse geocodingができるようになるようですが、API V3では動きません。V2のKeyがないとだめなようです。 しかし、V2 API Keyはもはやsupportされていません。
そこで、色々と探してみて、Googlemaps API V3が使えるmoduleを見つけました。
それは、pygeocoder 1.2.1です。本当に、先人に感謝します。
ちょっと、pygeocoder 1.2.1使ってみたので、書き留めておきます。

pygeocoder 1.2.1 install

pygeocoderを動かす環境ですが、

  1. Windows 7 64 bit (32bitでも可)
  2. Python 2.7.5 (2013年6月18日現在最新版)

で行います。

環境の構築に関しては、PythonでGeoSpatialをやってみる。[Chapter 1] のinstallのsectionを参考にしてください。

まずは、pygeocoder 1.2.1からpygeocoder-1.2.1.tar.gzをdownloadして、解凍します。
その後、解凍したfolderにcdして、cmdターミナルから

python setup.py install

を実行します。

以上でinstallは終わりです。

how to pygeocoder

使い方はいたって簡単です。
PyScripterやIDLEなどから下記のcodeを実行します。

from pygeocoder import Geocoder
results = Geocoder.geocode("Japan")
print(results[0].coordinates)

結果として、
(36.204824, 138.252924)
のように日本の中心緯度経度が表示されます。

これは非常に簡単に使えますね。

PyScripterのインタープリタ画面で実行すると、
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_python_geocoding_01_image01.jpg
ように日本の中心緯度経度が表示されます。

そして、pygeocoderのhelpは、
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_python_geocoding_01_image02.jpg
ようにmoduleの情報が表示されます。

試しに日本語でgeocodingしてみると

from pygeocoder import Geocoder
 
def main():
    results = Geocoder.geocode(u"日本")
    print(results[0].coordinates)
 
if __name__ == '__main__':
    main()

のcodeで実行すると、
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_python_geocoding_01_image03.jpg
ように日本の中心緯度経度が表示されます。

大丈夫のようですね。

今回のまとめ

pygeocoderを使って簡単にgeocodingしてみました。
PythonでExcel(2003以前と2007以降)の読み書きについてもまとめておきましょう。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.