rasterデータの読み込みexample [Chapter 3-1]

rasterデータの読み込みexample

[Chapter 3]では[Chapter 2]で作成したプログラムに、raster format dataの追加を2回に分けて追加していきます。
標高値や航空写真等のrasterを読み込めるで、shape fileとoverlayできれば、GIS Viewerとして十分に利用することができます。

ここで、MapWInGISで取り扱うことができるdata fromatをおさらいしておきます。
詳しくは、MapWinGIS Overviewを見てください。
data format
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_mapwingis_ex03_image01.jpg
です。
多くのraster grid data formatに対応しています。
今回は、raster arcimgtifの3種類を読み込んで描画してみます。

Program開発環境は、Visual Basic.NET 2010です。
Visual Sutdioの使い方は、一通り問題なく操作でき、一度はGUIのprogramを作成したことがある中級者を対象にしています。 したがって、vb.netの操作に関しては、端折ります。

Map controlの登録

Map Controlの登録については、[Chapter 1]を見てください。

Program Coding

まずは、From designをして、Codingします。

Form Design

Form designはiconを使ってtoolbarにsettingします。
こんな感じ、
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_mapwingis_ex03_image02.jpg
Form Design

AxMap1のプロパティの変更
CursorMode → cmNone
MapUnits → umDecimalDegrees (サンプルの神奈川県のshape fileがJGD2000世界測地系)
SendMouseDown → True
SendMouseMove → True
SendMouseUp → false

ここで、mouse eventを利用するには、必ずSendMouse~~をtrueにしてください。falseではeventを捕まえることができません。

Coding

ToolStrip1

Image layersの追加
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_mapwingis_ex03_image03.jpg
ToolStrip1

Image layersを以下のようにします。

    Private Sub ToolStripButton2_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles ToolStripButton2.Click
        'add raster layer
        Dim imgfile As MapWinGIS.Image
        Dim openDlg As OpenFileDialog = New OpenFileDialog()
        Dim handle As Integer
        Dim ext As String = ""
 
        'initialize dialog
        openDlg.Filter = "Supported raster Formats|*.asc;*.img;*.tif|ASCII Grid Images (*.asc)|*.asc|Erdas Images (*.img)|*.img|TIF (*.tif)|*.tif"
        openDlg.CheckFileExists = True
 
        If (openDlg.ShowDialog(Me) = DialogResult.OK) Then
 
            'get the extension of the file
            ext = System.IO.Path.GetExtension(openDlg.FileName)
 
            If (ext = ".tif" Or ext = ".asc" Or ext = ".img") Then
                imgfile = New MapWinGIS.ImageClass()
 
                'open the raster file
                imgfile.Open(openDlg.FileName)
 
                handle = AxMap1.AddLayer(imgfile, True)
 
                AxMap1.Redraw()
 
                rootNode.Nodes.Add(System.IO.Path.GetFileNameWithoutExtension(imgfile.Filename))
 
            End If
        End If
    End Sub

shape fileの読み込みと同じような流れになっています。

  1. MapWinGIS.Image objectを作成します。
  2. raster arcimgtifの3種類のみ選択できるようにopenDialogを設定します。
  3. MapWinGIS.ImageClassをnewでimgfileを作成する。
  4. imgfile.openで読み込む。
  5. AxMap1.AddLayer(imgfile, True)で描画する。

これだけでrasterが表示されます。が、AxMap1上でmouseを動かすとエラーになります。
このエラーを回避するために、mousemove eventを修正します。

mousemove event 修正

AxMap1_MouseMoveEventの修正を行います。
vector ore rasterの判断をして、座標値の取得を行うように修正します。

    Private Sub AxMap1_MouseMoveEvent(sender As System.Object, e As AxMapWinGIS._DMapEvents_MouseMoveEvent) Handles AxMap1.MouseMoveEvent
 
        Dim handle As Integer = 0   'first read layer
        Dim layer As Object = AxMap1.get_GetObject(handle)
        Dim type As String = String.Empty
        Dim sf As MapWinGIS.Shapefile
        Dim mf As MapWinGIS.Image
        Dim ex As New MapWinGIS.Extents
        Dim xProjected As Double, yProjected As Double
 
        If TryCast(layer, Shapefile) IsNot Nothing Then
            ' Shapefile
            If AxMap1.NumLayers > 0 Then
                'get the shapefile object
                sf = AxMap1.get_GetObject(handle)
            End If
        Else
            ' Imagefile
            If AxMap1.NumLayers > 0 Then
                'get the shapefile object
                mf = AxMap1.get_GetObject(handle)
                'test to see if any shapes for this area lie withing the seleted bounds
            End If
        End If
 
        'test to see if any shapes for this area lie withing the seleted bounds
        AxMap1.PixelToProj(e.x, e.y, xProjected, yProjected)
        ex.SetBounds(xProjected, yProjected, 0, xProjected, yProjected, 0)
        ToolStripStatusLabelx.Text = Format(xProjected, "###.######")
        ToolStripStatusLabely.Text = Format(yProjected, "###.######")
 
    End Sub
  1. handle=0で一番最初に呼び出したファイルを基準とする。
  2. TryCast(layer, Shapefile) IsNot Nothing Then以下でshape fileの場合の処理
  3. else以下でraster fileの場合の処理
  4. ToolStripStatusLabelx、ToolStripStatusLabelyに緯度経度表示

Programの実行

ex03のprojectを保存後、実行してみましょう。

Image Layersをクリックするとファイル選択ダイアログが表示されます。
拡張子がasc,img,tifだけを選択でいるようになっています。

サンプルの神奈川県の標高rasterの(tif)を読み込んでみます。
このサンプルtifはGeotiffですので、緯度経度情報を持っているため、mousemoveで緯度経度が変わります。
また、shape fileのoverlayすることができます。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_mapwingis_ex03_image04.jpg
神奈川県の標高rasterの(tif)を読み込んだ例

サンプルの神奈川県の標高値のASCII Grid Images (asc)を読み込んでみます。
ASCII Grid Imagesはgridデータとしても読み込むことができますが、ASCIIデータですので、editorで中身を見ることができます。 simulationの解析結果などで私がよく使うformatです。
これも、座標情報を持っているため、shape fileのoverlayすることができます。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_mapwingis_ex03_image05.jpg
神奈川県の標高値のASCII Grid Images (asc)を読み込んだ例

今回のまとめ

  1. rasterを読み込んで描画する。
  2. AxMap1.get_GetObjectを使って、shape file or raster fileの評価をする。
  3. その他機能の追加

vb.netd2010だけでなく、C#でも、visual studio2008でも動作することができます。
簡単に自前のソフトウェアにちょっとしたGIS機能を付け加えるには良いと思います。
今回は 追加部分が少ないのでsource code sampleはありません。raster dataのサンプルを用意しましたので、参考にしてください。

サンプルコードあるいはサンプルデータを使って、お使いのPCの不具合が生じても一切責任は持てませんので、あくまでも自己責任にて使用してください。

Exercise

今回のProgramを少し発展させて以下の項目を付け加えてみてください。

  1. rasterの個別属性値を取得してみる。
  2. 他のraster formatにも対応してみる。

参考となる資料は、MapWinGIS documentationを活用すると良いでしょう。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.