OpenlayersとGeoExtで電子国土地図を使ってみる。 [Chapter 3]

OpenlayersでKMLとGeoJSONをOverlayする。

おわび、プログラムコード内で¥が抜けてしまっているようです。これは、WordPressとdokuwiki pluginの相性の問題のようです。
気づいた部分は全角の'¥'に置き換えています。
現在、dokuwikiへの移動を進めていますので、今しばらくお待ちください。

さて、今回は直接GeoExtの話でなく、KMLデータとGeoJSONデータをOpenlayersを使って電子国土GooglemapにOverlay表示をしてみました。

なぜに?
それは、KMLってやっぱり使うことが多いですし、電子国土も国土地理院の拡張版のKMLを使うことができるみたいで、スタンダードだと思います。
確かにGeoJSONは簡単な形式だからタグだらけでないし、私はわかりやすいですが、スタンダードには勝てない。
とういうことで、KMLの読み込めるようにしておこうとしたら。。。 はまった。

なにが?

  1. dbfのshit_jis → utf-8 でogr2ogrで変換できない
  2. Googlemap上にはKMLが表示されるのに、電子国土に表示できない

でした。

解決したので、忘れる前にblogに残しておきます。
悩んでいる人いるかなぁ?

  • 1については、ArcMap9.3.1を使ってkmlを作成で、とりあえずOK. 本当はいろいろと変換方法を試したいところですが、まずは表示できるかの確認が先なので、良しとした。変換については、後日アップします。
  • 2.については、OpenLayers.Layer.Vector作成時にprojectionを追加でOK。

projectionなんか気にしていなかったのですが、KMLは度、GeoJSONはmのデータのため、また同時にoverlayさせることを考えていたもので。

それでは、まずGooglemapとoverlayしてみましょう。

GooglemapとKMLとGeoJSONのOverlay

電子国土地図にGeoJSONを重ねてみる。[Chapter 1]でvb.netでGeoJSONを読み込んで、htmlを作成しましたが、今回はGeoJSONとKMLを読み込んで表示してみます。

KMLデータは、GeoJSON作成時の同じ元データから作成しました。 したがってどちらも同じものです。
完全に重なります。

そのKML読み込みコード部分は

        // KMLファイルを読み込んでVectorLayerを作成
        // KMLファイルはdegreeで作成
        // projectionを設定しないと読み込まない。
        var vectorLayer = new OpenLayers.Layer.Vector("KML", {
            strategies: [new OpenLayers.Strategy.Fixed()],
            protocol: new OpenLayers.Protocol.HTTP({
                url: "http://localhost/test/data/kanagawk.kml",
                    format: new OpenLayers.Format.KML()
                }),
            projection: new OpenLayers.Projection("EPSG:4326")
            //projection: new OpenLayers.Projection("EPSG:900913")
        });

OpenLayers.Protocol.HTTPでlocalhost/test/data/kanagawk.kmlデータを読み込みます。
GeoJSONと同じで簡単にいくと思いきや、projectinがないため、非常に悩みました。読み込んでいるようだけど表示でいないし。マニュアルやサンプルはしっかりと読まねば。

今回使ったdata一式をこちらにアップロードしてきます。

C:/ms4w/Apache/htdocs/testフォルダーに、gmap.htmlを作成します。

gmap.htmlのコードは

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<title>Google mapにKMLとGeoJSONをオーバーレイ表示する</title>
<script type="text/javascript" src="http://localhost/OpenLayers-2.12/OpenLayers.js" charset="UTF-8"></script>
<!-- <script type="text/javascript" src="http://localhost/v4/webtis/webtis_v4.js" charset="UTF-8">
</script>
<link rel="stylesheet" href="http://localhost/v4/css/webtis.css" type="text/css"> -->
<script src="http://maps.google.com/maps/api/js?v=3.9&amp;sensor=false"></script>
<script type="text/javascript">
//<!--
/*グローバル変数の宣言ここから*/
//地図インスタンス
var map = null;
 
//初期の経度
var initCX = 139.4;
 
//初期の緯度
var initCY = 35.4;
 
//初期のズームレベル
//※ここで設定するズームレベルはデータセットの最小ズームレベルが0になる
//※デフォルトデータセットでは「ズームレベル5」が0になる(電子国土Webシステムの場合)
var initZoomLv = 9;
 
//真球メルカトル投影(電子国土WebシステムVer.4もこれに準拠)を定義
var projection900913 = new OpenLayers.Projection("EPSG:900913");
 
//等経緯度投影を定義
var projection4326 = new OpenLayers.Projection("EPSG:4326");
/*グローバル変数の宣言ここまで*/
 
/*地図の初期表示設定ここから*/
function init(){
	//真球メルカトル投影のときの最大範囲(単位はm)
	var maxExtent = new OpenLayers.Bounds(-20037508, -20037508, 20037508, 20037508);
 
	//真球メルカトル投影のときの最大範囲に範囲を制限
	var restrictedExtent = maxExtent.clone();
 
	//真球メルカトル投影のときの最大解像度
	var maxResolution = 156543.0339;
 
        //地図表示画面のオプション設定
	var options = {
		//「controls」を設定することで、デフォルトのコントロールを破棄してコントロールを再設定
		controls: [
			//地図マウスイベントのハンドル設定。
			new OpenLayers.Control.Navigation({mouseWheelOptions: {interval: 100}}),
 
			//左上のパンズームバーを設定
			new OpenLayers.Control.PanZoomBar(),
 
			//キーボードをデフォルトに設定
			new OpenLayers.Control.KeyboardDefaults(),
 
			//国土地理院著作表示
			//※OpenLayrsサイトを作るときは必ずこれを書くこと
			//new OpenLayers.Control.Attribution()
 
                        // ベースレイヤー切り替え
                        new OpenLayers.Control.LayerSwitcher(),
 
                        // マウス移動時に緯度経度を表示
                        new OpenLayers.Control.MousePosition()
		],
 
		//背景地図の地理座標系
		projection: projection900913,
 
		//表示の地理座標系
		displayProjection: projection4326,
 
		//背景地図の単位
		units: "m",
 
		//背景地図の最大解像度
		maxResolution: maxResolution,
 
		//背景地図の最大範囲
		maxExtent: maxExtent,
 
		//背景地図の表示制限範囲
		restrictedExtent: restrictedExtent
	};
 
	//OpenLayers APIのMapクラスからインスタンスを作成
	map = new OpenLayers.Map('map', options);
 
	//スケールバーコントロール表示(最大ピクセル150、下段単位無、EPSG:900913)
	map.addControl(new OpenLayers.Control.ScaleLine({maxWidth:150,bottomOutUnits: "", bottomInUnits: "",geodesic:true}));
 
	//電子国土WebシステムVer.4背景地図レイヤーインスタンスを作成。データセットは未指定で、デフォルトデータセットを利用
	//webtisMap = new webtis.Layer.BaseMap("webtismap");
 
        var gmaplayerRoad = new OpenLayers.Layer.Google(
                '道路地図',
                {numZoomLevels: 20},
                {visibility: true}
        );
       map.addLayer(gmaplayerRoad );
 
       var gmaplayerHybrid = new OpenLayers.Layer.Google(
                '衛星写真',
                {type: google.maps.MapTypeId.HYBRID},
                {numZoomLevels: 20},
                {visibility: true}
        );
 
	//背景地図レイヤーをMapに追加
	map.addLayer(gmaplayerHybrid );
 
        // GeoJSONファイルを読み込んでVectorLayerを作成
        // GeoJSONファイルはEPSG:900913のmで作成
        var geojasonLayer = new OpenLayers.Layer.Vector("GeoJSON", {
              strategies: [new OpenLayers.Strategy.Fixed()],
                protocol: new OpenLayers.Protocol.HTTP({
                url: "http://localhost/test/data/kanagawk.json",
                    format: new OpenLayers.Format.GeoJSON()
            })
        });
	map.addLayer(geojasonLayer);
 
        // KMLファイルを読み込んでVectorLayerを作成
        // KMLファイルはdegreeで作成
        // projectionを設定しないと読み込まない。
        var vectorLayer = new OpenLayers.Layer.Vector("KML", {
            strategies: [new OpenLayers.Strategy.Fixed()],
            protocol: new OpenLayers.Protocol.HTTP({
                url: "http://localhost/test/data/kanagawk.kml",
                    format: new OpenLayers.Format.KML()
                }),
            projection: new OpenLayers.Projection("EPSG:4326")
            //projection: new OpenLayers.Projection("EPSG:900913")
        });
        //
	map.addLayer(vectorLayer);
 
	//初期の中心座標を指定(経緯度で入力して、内部的に真球メルカトル座標に変換して表示)
	map.setCenter(new OpenLayers.LonLat(initCX,initCY).transform(projection4326,projection900913), initZoomLv);
}
 
/*地図の初期表示設定ここまで*/
//-->
</script>
</head>
<body onload="init();">
<h2 id="title">Google mapにKMLとGeoJSONをoverlay</h2>
<div id="map" name="map" style="width:600px;height:480px;"></div>
<div id="docs">
<p>Google mapと神奈川県のKMLデータとGeoJSONデータを表示します。</p>
<p>KMLデータは[EPSG:4326]</p>
<p>GeoJSONデータは[EPSG:900913]</p>
</div>
</body>
</html>

ブラウザーから、http://localhost/test/gmap.htmlと入力して実行すると。

blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_geoext_image13.jpg
gmap.html実行画面

必ず、ブラウザーからhtmlファイルを呼び出してくださいね。
htmlファイルダブルクリックで動かすとデータを読み込みません。

確認のために、http://map.godo-tys.jp/gmap.htmlをみて、動作を確認してください。

電子国土とKMLとGeoJSONのOverlay

先のgmap.htmlに数行付け加えるだけですが、C:/ms4w/Apache/htdocs/testフォルダーに、gmap_cj4.htmlを作成します。

gmap_cj4.htmlのコードは

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<title>電子国土にKMLとGeoJSONをオーバーレイ表示する</title>
<script type="text/javascript" src="http://localhost/OpenLayers-2.12/OpenLayers.js" charset="UTF-8"></script>
<script type="text/javascript" src="http://localhost/v4/webtis/webtis_v4.js" charset="UTF-8"></script>
<link rel="stylesheet" href="http://localhost/v4/css/webtis.css" type="text/css">
<script src="http://maps.google.com/maps/api/js?v=3.9&amp;sensor=false"></script>
<script type="text/javascript">
//<!--
/*グローバル変数の宣言ここから*/
//地図インスタンス
var map = null;
 
//初期の経度
var initCX = 139.4;
 
//初期の緯度
var initCY = 35.4;
 
//初期のズームレベル
//※ここで設定するズームレベルはデータセットの最小ズームレベルが0になる
//※デフォルトデータセットでは「ズームレベル5」が0になる
var initZoomLv = 4;
 
//真球メルカトル投影(電子国土WebシステムVer.4もこれに準拠)を定義
var projection900913 = new OpenLayers.Projection("EPSG:900913");
 
//等経緯度投影を定義
var projection4326 = new OpenLayers.Projection("EPSG:4326");
/*グローバル変数の宣言ここまで*/
 
/*地図の初期表示設定ここから*/
function init(){
	//真球メルカトル投影のときの最大範囲(単位はm)
	var maxExtent = new OpenLayers.Bounds(-20037508, -20037508, 20037508, 20037508);
 
	//真球メルカトル投影のときの最大範囲に範囲を制限
	var restrictedExtent = maxExtent.clone();
 
	//真球メルカトル投影のときの最大解像度
	var maxResolution = 156543.0339;
 
        //地図表示画面のオプション設定
	var options = {
		//「controls」を設定することで、デフォルトのコントロールを破棄してコントロールを再設定
		controls: [
			//地図マウスイベントのハンドル設定。
			new OpenLayers.Control.Navigation({mouseWheelOptions: {interval: 100}}),
 
			//左上のパンズームバーを設定
			new OpenLayers.Control.PanZoomBar(),
 
			//キーボードをデフォルトに設定
			new OpenLayers.Control.KeyboardDefaults(),
 
			//国土地理院著作表示
			//※OpenLayrsサイトを作るときは必ずこれを書くこと
			//new OpenLayers.Control.Attribution()
 
                        // ベースレイヤー切り替え
                        new OpenLayers.Control.LayerSwitcher(),
 
                        // マウス移動時に緯度経度を表示
                        new OpenLayers.Control.MousePosition()
		],
 
		//背景地図の地理座標系
		projection: projection900913,
 
		//表示の地理座標系
		displayProjection: projection4326,
 
		//背景地図の単位
		units: "m",
 
		//背景地図の最大解像度
		maxResolution: maxResolution,
 
		//背景地図の最大範囲
		maxExtent: maxExtent,
 
		//背景地図の表示制限範囲
		restrictedExtent: restrictedExtent
	};
 
	//OpenLayers APIのMapクラスからインスタンスを作成
	map = new OpenLayers.Map('map', options);
 
	//スケールバーコントロール表示(最大ピクセル150、下段単位無、EPSG:900913)
	map.addControl(new OpenLayers.Control.ScaleLine({maxWidth:150,bottomOutUnits: "", bottomInUnits: "",geodesic:true}));
 
	//電子国土WebシステムVer.4背景地図レイヤーインスタンスを作成。データセットは未指定で、デフォルトデータセットを利用
	var webtisMap = new webtis.Layer.BaseMap("webtismap");
 
	//背景地図レイヤーをMapに追加
	map.addLayer(webtisMap);
 
	//背景地図レイヤーをGooglemap道路地図を追加
        var gmaplayerRoad = new OpenLayers.Layer.Google(
                '道路地図',
                {numZoomLevels: 20},
                {visibility: true}
        );
        map.addLayer(gmaplayerRoad );
 
	//背景地図レイヤーをGooglemap衛星写真を追加
        var gmaplayerHybrid = new OpenLayers.Layer.Google(
                '衛星写真',
                {type: google.maps.MapTypeId.HYBRID},
                {numZoomLevels: 20},
                {visibility: true}
        );
	map.addLayer(gmaplayerHybrid );
 
 
        // GeoJSONデータ用スタイル設定
        var geostyles = new OpenLayers.StyleMap({
            "default": { //通常状態
                strokeWidth: 1,
                strokeColor: "yellow",
                fillColor: "yellow",
                fillOpacity: 0.3
            }
        });
 
        // GeoJSONファイルを読み込んでVectorLayerを作成
        // GeoJSONファイルはEPSG:900913のmで作成
        var geojasonLayer = new OpenLayers.Layer.Vector("GeoJSON", {
            strategies: [new OpenLayers.Strategy.Fixed()],
            protocol: new OpenLayers.Protocol.HTTP({
                url: "http://localhost/test/data/kanagawk.json",
                format: new OpenLayers.Format.GeoJSON()
            }),
            styleMap: geostyles
        });
	map.addLayer(geojasonLayer);
 
        // KMLデータ用スタイル設定
        var kmlstyles = new OpenLayers.StyleMap({
            "default": { //通常状態
                strokeWidth: 1,
                strokeColor: "blue",
                fillColor: "blue",
                fillOpacity: 0.3
            }
        });
 
        // KMLファイルを読み込んでVectorLayerを作成
        // KMLファイルはdegreeで作成
        var vectorLayer = new OpenLayers.Layer.Vector("KML", {
            strategies: [new OpenLayers.Strategy.Fixed()],
            protocol: new OpenLayers.Protocol.HTTP({
                url: "http://localhost/test/data/kanagawk.kml",
                    format: new OpenLayers.Format.KML()
                }),
            projection: new OpenLayers.Projection("EPSG:4326"),
            //projection: new OpenLayers.Projection("EPSG:900913"),
            styleMap: kmlstyles
        });
        //
	map.addLayer(vectorLayer);
 
	//初期の中心座標を指定(経緯度で入力して、内部的に真球メルカトル座標に変換して表示)
	map.setCenter(new OpenLayers.LonLat(initCX,initCY).transform(projection4326,projection900913), initZoomLv);
 
}
 
/*地図の初期表示設定ここまで*/
//-->
</script>
</head>
<body onload="init();">
<h2 id="title">電子国土にKMLとGeoJSONをoverlay</h2>
<div id="map" name="map" style="width:600px;height:480px;"></div>
<div id="docs">
<p>電子国土と神奈川県のKMLデータとGeoJSONデータを表示します。</p>
<p>KMLデータは[EPSG:4326]</p>
<p>GeoJSONデータは[EPSG:900913]</p>
</div>
</body>
</html>

ちょいと、styleをいじくってcolorなどを変更してみました。

ブラウザーから、http://localhost/test/gmap_cj4.htmlと入力して実行すると。

blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_geoext_image14.jpg
gmap_cj4.html実行画面

blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_geoext_image15.jpg
KML非表示画面

blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_geoext_image16.jpg
GeoJSON非表示画面

必ず、ブラウザーからhtmlファイルを呼び出してくださいね。
htmlファイルダブルクリックで動かすとデータを読み込みません。

確認のために、http://map.godo-tys.jp/gmap_cj4.htmlをみて、動作を確認してください。

最後に

GeoJSONデータとKMLデータをOverlayすることが簡単?にできました。
考えているだけではだめで、実際に動かしてみないとわからんもんですな。

「OpenlayersとGeoExtで電子国土地図を使ってみる。」は後1回で終了します。
その後は、せっかくms4wを動かしているのですから、MapserverのWMSと電子国土をoverlayしてみましょう。
OpenLayersとMapServerと電子国土なタイトルでいきましょう。

なにか、こんなことはできないなどなりましたら、問い合わせからメールにてお願いします。

おまけ

DBFの編集ソフトを作成してみました。
GISエンジンはMapWinGISを使っています。
ベクターに登録も行っています。

また、株式会社森林再生システムと共同開発でExcelGISも作成しておりますので、覗いてみてください。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.