ExcelGISで山林情報の管理

ExcelGISで簡単GIS

今回は、ソフトウェアの宣伝をします。

だれもが使えるExcel上で動かすことができるExcelGIS株式会社森林再生システムと共同開発しました。

実際に使っていただけるように、デモ版も用意しています。
商品の詳細につきましては、ExcelGISを見ていただければと思います。

ここでは、簡単にExcelGISの画面と機能の説明をします。
ExcelGISの特徴は

  1. Excel2007以降のversionに対応している。
  2. Excelの操作感覚でGISデータを見ることができる。
  3. Excel上のデータとリンクして属性情報を簡単に追加したりすることができる。
  4. 座標データや緯度経度データなどの測量データを取り込むことができる。
  5. 空中写真や画像データを取り込むことができる。
  6. 簡単に印刷することができる。
  7. GISエンジンは、MapWinGIS4.8を採用(Version up対応)
  8. オプション機能として、OpenLayersやGooglemapsなどのWEB上の地図データとの連携可能。
  9. 別途Addin版もオプションで選択できます。

ExcelGISのスクリーンショット

デモ版データでの説明となります。

ExcelGIS起動時

ExcelGISのワークブックを起動時するとリボンメニューにGISが登録されます。
GISボタンをクリックすると初期画面が表示されます。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_excelgis_image01.jpg
ExcelGIS起動初期画面

shape file読み込み例

layerの追加からshape fileを読み込んだ例です。
shape fileのほか、Geotiff,tiff,asc,bgd形式を読み込むことができます。
読み込んだデータは、凡例に表示されます。凡例でlayerのラベルやカテゴリー色分けなどを行うことができます。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_excelgis_image02.jpg
shape file読み込み後サブメニュー表示画面

属性テーブル表示例

読み込んだshape fileの属性テーブルのDBFを編集することができます。また、フィールド演算機能もありますので、ちょっとした属性テーブルデータの変更が簡単に行えます。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_excelgis_image03.jpg
属性テーブルデータの表示画面

feature属性データ表示例

shape featureを選択することでfeatureの属性データを表示することができます。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_excelgis_image04.jpg
属性データの表示画面

ツールメニュー表示

ツールメニューExcelGISの機能であるExcelデータのリンクやxyデータの取り込み、緯度経度データの読み込みを行います。
また、オプション機能としてバッファリングやWEBとの連携も用意しています。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_excelgis_image05.jpg
ツールメニュー表示画面

Excelデータのリンク操作

ExcelGISの最大の特徴であるExcelデータのリンクの操作例です。Excel上のデータとShape fileの共通コードから新しいshape fileを作成します。 
基本的には、1対1対応のリンク形式となっています。リンク時にはmdbファイルを自動的に作成してDBFファイルとのリンクを行います。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_excelgis_image06.jpg
Excelデータのリンク操作例画面

Excelデータのリンク後の操作例

ExcelGISの最大の特徴であるExcelデータのリンク後の操作例です。新規にExportShp_0が作成されGIS画面上に表示されます。例ではラベルを付けて、カテゴリー分類毎に色分けしています。
また、属性検索画面を表示して該当するfeatureを検索しています。 
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_excelgis_image07.jpg
Excelデータのリンク後の操作例画面

ExcelGIS

簡単ではありますが、ExcelGISの機能の一部を紹介しました。
山林管理だけでなく、他業務にも幅広く汎用性をもたせることができますので、ぜひ、デモ版でExcelGISをお試しいただければと思います。
ExcelGISのお問い合わせは、森林再生システムExcelGIS担当よりお願いいたします。

参考に、森林・林業情報ポータルサイトのデモをxoops版concrete5版を公開しております。

おまけ

ExcelGISの属性テーブル編集から、DBFの編集部分を抜き出しshpDBFソフトを作成してみました。
GISエンジンはMapWinGISを使っています。
ベクターに登録も行っています。

MapWinGISのHow toに関しても整理中ですが、こちらで公開準備中です。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.