MapServer on Windows

p.mapper-4.2.0 on CentOS5.8と同様の手順でCentOS6.2(x86)上で動かすことができます。 おさらいとして挑戦してみるのも良いかと思います。ただし、MapServer6.0.1 on CentOS6.2で環境設定されていることが前提です。

これで、CentOS5.8(x86),CentOS6.2(x86)でMapServerを動かすことができました。しかし、実際にGISシステムを構築していくには、Linux上では開発環境はどうしても個人的になじまないもので。。。

そこで、Windows環境で以前から使用しているms4wを使って開発を行い、Linuxへアップロードして行く方向で今後の作業を進めていくことにします。
.net環境でmapscriptも動かすことができたので、大きな問題はない?かなぁ と考えています。

MapServer on Windows

それでは、ms4wをインストールしてみましょう。今回のOSは、Windows XP SP3です。

【OS】
Windows XP SP3
Windows 7 64bit (動作確認できました。)

【アプリケーション】
ms4w (version 3.0)

【その他のweb アプリケーション類】
ka-map-1.0
p.mapper-4.2.0
geomoose-2.4

ms4wのダウンロード

まずは、ダウンロードします。ここでは。あえてver3.0をダウンロードします。MapServerのversionが5.6.5を使用するためです。3.0以上になるとMapServerのversionが6になってしまうので。これは、CentOS5.8上のversionと合わせためでもあります。
ダウンロード先は、こちらです。 また上記の理由によりms4w-3.0-setup.exeをダウンロードします。

ms4wのインストール

至って簡単です。ms4w-3.0-setup.exeをダブルクリックするだけです。
インストールタイプは、fullでよろしいかと。
MapServerを動かすためのライブラリー等一式Internetよりダウンロードしてインストールしてくれます。
たったこれだけです。
ms4wインストール

超簡単ですね。

ms4wの動作確認

デスクトップ上に、MS4W-LocationMS4W-Shellのショートカットができていますので、ms4wのApacheが動いているのを確認してから、MS4W-Locationダブルクリックで起動してください。
すると、下記のようにWEBブラウザーに表示されます。
ms4wの初期画面

表示されない場合は、Apacheが起動していないことが原因ですので、[コントロールパネル] >[管理ツール] > [サービス] で、ms4w apacheが実行されているか確認してください。

次に、CentOS5.8上と同じように、ka-map-1.0p.mapper-4.2.0をセットアップしてみます。

ka-map-1.0 on ms4w

まずは、ka-mapのHPを見ておきましょう。
日本語ページもあるようですが、どうやっても文字化けしてみえません。。こちら。だだし、一部日本語でも見ることができます。

新情報ka-map v2として開発が進められているようですね。(04/02/2012現在)

ダウンロード

ダウンロード先は、こちらです。ここから、ka-map-1.0-20070205.zipをダウンロードします。
zipを解凍するとms4w¥apache,ma4w¥apps,ms4w¥httpd.dの3つのfolderができます。

ファイルの修正

別に修正する必要ないのですが、kamapをka-mapに修正します。
ms4w¥httpd.d¥httpd_ka-map.confをエディターで開いて修正してください。

Alias /ka-map "/ms4w/apps/ka-map-1.0/htdocs" #kamapをka-mapに修正
<Directory "/ms4w/apps/ka-map-1.0">
  AllowOverride None
  Options Indexes FollowSymLinks Multiviews
  Order allow,deny
  Allow from all
</Directory>

Directoryのcopy

解凍したka-mapをDirectory丸ごと、c:¥ms4wにcopyします。
c:¥ms4wに上書きコピーです。

ka-mapの動作確認

ApacheをRestartさせて、変更したhttpd_ka-map.confを読み込ませます。
MS4W-Locationダブルクリックで起動してください。

ka-Map 1.0 URLs:
    ka-Map sample interface.

が追加されています。
ka-Map sample interfaceをクリックすると
ka-map-1.0のデモ
表示されました。
これは、gmapのgmap75.mapファイルを読み込んで表示しているようです。
このサンプルを元に手を加えていきます。

p.pmapper-4.2.0 on ms4w

まずは、p.mapperのHPを見ておきましょう。

ダウンロード

ダウンロード先は、こちらです。ここから、pmapper-4.2.0-ms4w.zipをダウンロードします。
zipを解凍するとms4w¥apache,ma4w¥apps,ms4w¥httpd.dの3つのfolderができます。

ファイルの修正

config_default.xmlを修正します。
ms4w¥apps¥pmapper¥pmapper-4.2.0¥configにあるconfig_default.xmlをエディターで開いて修正します。
修正部分だけを抜粋します。raster format png8にはMapServer5は対応していないので、pngに変更します。

<!-- <imgFormat>png8</imgFormat> -->
<imgFormat>png</imgFormat>

Directoryのcopy

解凍したp,mapperをDirectory丸ごと、c:¥ms4wにcopyします。
c:¥ms4wに上書きコピーです。

p.mapper-4.2.0の動作確認

ApacheをReStartさせて、追加したhttpd_pmapper.confを読み込ませます。
MS4W-Locationダブルクリックで起動してください。

pmapper 4.2.0 - BUILD 2011-07-17
    p.mapper: start demo application
    p.mapper documentation
    p.mapper homepage
    p.mapper wiki
    p.mapper mailing-list

が追加されています。
p.mapper: start demo applicationをクリックすると
p.mapper-4.2.0のデモ
表示されました。
これは、p.mapper-4.2.0のデモデータを読み込んで表示しているようです。
CentOS5.8上のp.mapperのデモと同じですね。これで、ms4w環境とLinux環境が同じになりました。

今後は、ms4w上で、このサンプルを元に手を加えていきます。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.