p.mapper-4.2 on Windows [Chapter 6]

Query Editorの文字化けのため、日本語での検索ができないようで、utf-8やらshift-jisやらにいろいろ変更しても「レコードがありません」と改善されない状況です。
数値データで検索で、Query Editorのデバッグを始めたところです。
さて今回は、ラベルの表示WMS Layerの追加をやってみます。

ラベルの表示

shapeデータを表示だけではなんなので、ラベルを追加してみます。
map fileを編集して、ラベルを追加してみます。
今まで使っているmie.mapLABEL~~ENDを追加します。
行政界のmie_city.shpの市町村名をラベル表示してみます。
こんな感じ(追加部分だけ抜粋)

# mie_city
LAYER
  NAME "行政界"
  TYPE POLYGON
  STATUS ON
  DATA "mie_city"
  METADATA
    "DESCRIPTION"   "行政界"
    "layer_encoding" "SJIS"
    "FONT" "msgothic" #fonts.txtで指定したフォント名
    "TYPE" "TRUETYPE" #フォントのタイプ
    #"RESULT_FIELDS" "CN2"
    #"RESULT_HYPERLINK" "NAME"
  END
  TRANSPARENCY 100
  LABELITEM "CN2"                  #フィールド名
  CLASS
    NAME "行政界"
    STYLE
      #SYMBOL 1
      SIZE 7.0
      COLOR -1 -1 -1 #255 255 255
      OUTLINECOLOR 255 0  0
    END
    LABEL                         #ラベルの設定開始  
      TYPE TRUETYPE               #font設定
      FONT msgothic               #
      COLOR  0 0 0                #RGBカラー(黒)
      ENCODING SJIS               #データはshift-jisコード
      SIZE 10                     #fontのサイズ
      POSITION AUTO               #ラベル表示位置
      PARTIALS TRUE               #
    END                           #ラベルの設定終了 
    TEMPLATE void
  END
  TOLERANCE 5
END # Layer

です。
ブラウザーで確認してみます。
ラベル表示
と表示されます。 OKですね。
ラベル表示したいLAYERにLABELITEMとLABELを記述すれば良いということです。

WMS Layerの追加

p.mapperはshapeファイルだけでなく、rasterの表示もできます。また、WMS LAYERも追加することができます。これもラベルと同様にmap fileに記述します。
基盤地図25000 WMS配信で日本全国の25000の地図が公開されています。これは、農研機構で無償で提供しているWMSサービスです。これを使えばWMSを取り込めるGISソフトウェアであれば利用することができます。
本当にお世話になっているサイトです。
使用ガイドとサービス内容を確認しておきましょう。

map fileの修正

map fileを編集して、WMS LAYERを追加してみます。
こんな感じ(追加部分だけ抜粋)

# ---- kibanservのwms画像を取得
LAYER
  NAME "基盤地図25000"
  TYPE RASTER
  STATUS OFF #DEFAULT
  CONNECTION "http://www.finds.jp/ws/kiban25000wms.cgi?"
  CONNECTIONTYPE WMS
  METADATA
    "DESCRIPTION"         "基盤地図25000"
    "wms_srs"             "EPSG:4612"
    "wms_name"            "AdmArea,PrefSmpl,JpSmpl,BldA,Cntr10,Cntr100,WL,RdEdg,RailCL"
    "wms_style"           "medium,medium,medium,medium,medium,thick,medium,medium,medium"
    "wms_server_version"  "1.1.1"
    "wms_format"          "image/gif"
  END
END

LAYERを追加します。TYPEがRASTERとなることに注意してください。

config_default.xmlの修正

config_default.xmlのmap部分を修正します。
<category name=“wms”>でwmsを追加します。
こんな感じ(追加部分だけ抜粋)

        <map>
            <mapFile>mie.map</mapFile>
            <tplMapFile>common/template.map</tplMapFile>
            <categories>
                <!-- <category name="cat_admin">
 -->
                <category name="主題図">
                    <group>行政界</group>
                    <group>鉄道</group>
                </category>
                <!-- <category name="cat_nature">
 -->
                <category name="自然環境図">
                    <group>河川</group>
                </category>
                <category name="wms">
                    <group>基盤地図25000</group> <!-- mie.map DESCRIPTIONと同じにすること -->
                </category>
            </categories>
            <allGroups>
                <group>行政界</group>
                <group>鉄道</group>
                <group>河川</group>
                <group>基盤地図25000</group>
            </allGroups>
            <defGroups>
                <group>行政界</group>
                <group>河川</group>
            </defGroups>
            <layerAutoRefresh>1</layerAutoRefresh>
            <!-- <imgFormat>
png8</imgFormat> -->
            <imgFormat>png</imgFormat>
            <altImgFormat>jpeg</altImgFormat>
            <!--
            <altImgFormatLayers>

                <layer>jpl_wms_global_mosaic</layer>
                <layer>dem</layer>
            </altImgFormatLayers>
            -->
            <sliderMax>max</sliderMax>
            <sliderMin>5000</sliderMin>
        </map>

になります。保存時は必ずutf-8で行うこと。
ブラウザーで確認してみます。
WMS追加で表示
と表示されます。 OKですね。
行政界だけしか表示されていない状態ですが、ZoomInしていくと、道路、河川、建物、等高線などが表示されます。表示内容については、必ず基盤地図25000 WMS配信使用ガイドとサービス内容を確認しておきましょう。
ZoomInしてみると、
WMS追加で拡大表示
な感じで表示されます。
WMSのclientとして利用できるようになったので、他のWMS サービスmap flleに追加すればp.mapperで表示することができます。
また、オルソ航空写真なども追加することができるので、p.mapperの利用の幅は広がると思います。

MapServerのコアな部分であるmap fileを理解していなければならないことを痛感しました。MapABC Mapserver自習メモに日本語でmap fileが解説されていますので、英語で学ぶより取っつきやすいと思います。

次回は、p.mapperLayoutの変更をやってみます。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.