DotSpatialを使ってみる。 [Chapter 1]

DotSpatialを使ってみる。

1年以上前から、Dotspatialを使いたいと考えていたのですが、version 1.4でAttibuteがやっと文字化けしなくなっていた。version 1.3までは、どうやってもできなかった。

ちなみに、Dotspatialとは、.Net 4.0環境で動くGISアプリを作成するためのLibrary群です。
詳しくは、DotSpatialからダウンロードできます。
なんでもできそうですし、できるようです。

DotSpatial 1.4 Minimal.zipをダウンロードして、解凍するとDemoApp.exeがあるので試してみることができます。

GISアプリを作成

せっかくなので、DotspatialのClass libraryをVB.NET2010で登録して、超~簡単なGISアプリを作成してみました。

tutorialも豊富なので、あえてここでは書きませんが、tutorialの1から9を参考すれば、結構なアプリが作れそうです。

ますは、上記HPのDotSpatial_Tutorial_1.docxを参考にして作成します。

dllの参照設定については、事前にDotSpatial_Tutorial_1.docxですませておいてくださいね。

Form Design

Formのdesignは、MapWinGISのtutorialで使ったいるものを流用して、
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_dotspatial_ex01_image01.jpg

な感じにします。

legendも標準で、Toolboxなども標準でありますし、LayoutMapもありますし、一応何でもそろっているので、簡単にGISアプリの作成ができます。ただし、英語です。

Sourceからcompileすれば、日本語化もOKでしょうけど、ちょっと大変そうですね。
操作をする上で、それほど難解な英語ではないので、大丈夫ですね。

Coding

たとえば、shape fileを読み込んでmapとlegendに表示させるには、たった1行です。
Map1.AddLayer()

拡大モードにするには、たった1行です。
Map1.FunctionMode = FunctionMode.ZoomIn

なんだか拍子抜けするくらい簡単です。
サンプルとしてCodeを載せます。

Imports DotSpatial.Data
Imports DotSpatial.Controls
Imports DotSpatial.Symbology
 
Public Class Form1
 
    Private Sub Form1_Load(sender As System.Object, e As System.EventArgs)
 
    End Sub
 
    Private Sub ToolStripButton1_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles ToolStripButton1.Click
        'AddLayer() method is used to add a shapefile in to mapcontrol
        Map1.AddLayer()
    End Sub
 
    Private Sub ToolStripButton2_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles ToolStripButton2.Click
        'Clear() method is used to clear the shapelayers from mapcontrol
        Map1.Layers.Clear()
    End Sub
 
    Private Sub ToolNoneBtn_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles ToolNoneBtn.Click
        'None function is used to change the mouse cursor to default
        Map1.FunctionMode = FunctionMode.None
    End Sub
 
    Private Sub ToolZoominBtn_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles ToolZoominBtn.Click
        'ZoomIn function is used to ZoomIn the map
        Map1.FunctionMode = FunctionMode.ZoomIn
    End Sub
 
    Private Sub ToolZoomoutBtn_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles ToolZoomoutBtn.Click
        'ZoomIn function is used to ZoomOut the map
        Map1.FunctionMode = FunctionMode.ZoomOut
    End Sub
 
    Private Sub ToolPanBtn_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles ToolPanBtn.Click
        'Pan function is used to pan the map
        Map1.FunctionMode = FunctionMode.Pan
    End Sub
 
    Private Sub ToolFullExtentBtn_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles ToolFullExtentBtn.Click
        'ZoomToMaxExtent method is used to Extent the shape file
        Map1.ZoomToMaxExtent()
    End Sub
 
    Private Sub ToolIdentityBtn_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles ToolIdentityBtn.Click
        'Info function is used to get the information of the selected shape
        Map1.FunctionMode = FunctionMode.Info
    End Sub
 
    Private Sub ToolUnselectBtn_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles ToolUnselectBtn.Click
        'Select function is used to select a shape on the shape file
        Map1.FunctionMode = FunctionMode.None
    End Sub
 
    Private Sub ToolSelectBtn_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles ToolSelectBtn.Click
        'Select function is used to select a shape on the shape file
        Map1.FunctionMode = FunctionMode.Select
    End Sub
 
    Private Sub ToolAttibuteBtn_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles ToolAttibuteBtn.Click
 
 
        Dim frmAttribute As New Form2
 
        frmAttribute.t_map = Map1
 
        frmAttribute.ShowDialog(Me)
 
    End Sub
 
End Class

がMain formのCodeです。

frmAttributeでAttributeをDataGridViewに表示しています。
このDataGridViewが、version1.3までは、文字化けして、field値がずれていたのですが、1.4では大丈夫のようです。

programの実行

.Net 4の環境でなければ動きませんので、注意してください。

作成したDotspatialCheck.exeを動かすとメイン画面が表示されます。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_dotspatial_ex01_image02.jpg
メイン画面の表示

メイン画面でAdd LayersをクリックするとOpenDialogが表示されます。
今回は、Shape fileのみに対応しているので、拡張子がshpだけを読み込みます。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_dotspatial_ex01_image03.jpg
OpenDialogの表示

Shape fileを選択すると、Mapとlegendに表示されます。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_dotspatial_ex01_image04.jpg
神奈川県のサンプルを読み込んで表示

c14_regionDDの下のpolygon iconをdouble clickするとLayerのplygon symbolizer Formが表示されます。これは、あらかじめprogramされています。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_dotspatial_ex01_image05.jpg
plygon symbolizer Form

c14_regionDDのlayernameををdouble clickするとLayer Property Formが表示されます。ここで、Category分類で色を設定などが行えます。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_dotspatial_ex01_image06.jpg
Layer Property Form

Layer Property Formでname fieldでuniqueに色づけした例です。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_dotspatial_ex01_image10.jpg
神奈川県のサンプルをLayer Property後の表示

Legend Control上でmouse right clickでpopup menuが表示されます。これも、あらかじめprogramされているものです。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_dotspatial_ex01_image07.jpg
popup menuの表示

個別属性値の表示もあらかじめprogramされているものです。mouse coursurを変更すれば属性値の表示ができます。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_dotspatial_ex01_image08.jpg
個別属性値の表示例

Attibute Table Viewをclickして表示したものです。この別formの表示ついては、programmingを行いました。
form2では、たかだか20行程度です。ただし、polygon shape fileのみの対応です。
blog.godo-tys.jp_wp-content_gallery_dotspatial_ex01_image09.jpg
Attibute Table View Form

今回のまとめ

では、今回のまとめを

  1. Dotspatial 1.4のClass libraryを使って、超~簡単GISアプリを作成しました。
  2. ほとんど、programmingすることなく実装できることがわかりました。

vb.net2010だけでなく、C#でも動作することができます。ただし、.NET 4.0の環境だけです。
簡単に自前のソフトウェアにちょっとしたGIS機能を付け加えるには良いと思います。
今後は、MapWinGISのtutorialが終わった後に、Dotspatialのtutorialをやってみたいと考えています。

実行形式のみですが、サンプルプログラムをこちらにアップしておきます。
サンプルプログラムおよびサンプルデータを使って、お使いのPCの不具合が生じても一切責任は持てませんので、あくまでも自己責任にて使用してください。

Exercise

実行形式のみをアップしているので、今回のProgramをsourceから作成してみてください。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.